メニュー
ブログ

ブログ

Blog

こんな場合どうなるの!?~病気編~

2021.10.23 最終更新日:2021.11.29 保険情報

みなさんこんにちは。セフティー山田です。
一気に寒くなり始めた今日このごろ、いかがお過ごしですか?
風邪などには十分お気をつけください。
緊急事態宣言も解除され、今までの生活に戻ることはできるのでしょうか?
冬にかけて感染者が増えない事を願うばかりです。
今回のブログは、実際にお客様からのお問い合わせについて書かせていただきました。
コロナウィルスに感染してしまった場合の保険対応についても記載していますので、ご覧頂ければ幸いです。

【30代サラリーマンの方からのお問合せ】
◯お問合せ
「実は今年の5月にコロナウィルスに感染してしまいホテル療養していた。
新聞でコロナでの給付金が増えているって書いてあったけど、加入している医療保険でも対象になるの?もし保険対象ならば4ヶ月前だけど請求しても大丈夫?」

◯回答
「保険対象になります。
コロナウィルスに感染してしまった場合、ホテル療養でも医療保険の入院給付金が受け取れます。また、4ヶ月前の事由でも問題なく請求できます。」

コロナウィルスの治療を目的として入院した場合、陽性・陰性に関わらず疾病入院給付金を受け取れます。
また、ホテル療養以外でも医師の指示により自宅で療養した場合も、その療養期間についても入院給付金を受け取れる保険会社が多いです。生命保険会社によって異なる事がございますので、詳細につきましては弊社までお気軽にお問い合わせ下さいね。
(ご契約者様宛てにご郵送しているセフティー通信(2020年12月版)にもコロナウィルスについて記載があります)

【50代経営者の方からのお問合せ】
◯お問合せ
「先日、肺の病気を患ってしまい約2週間入院をしていた。保険は都民共済しか加入していないんだけど、今後も病気が心配だから今から医療保険に加入する事は出来る?」

◯回答
「直近で入院しているようであれば、加入が厳しかったり引受条件(保険料割増や部位不担保)などがついてしまうかもしれません。
何故かと言うと医療保険に加入する際にはありのままを告知する必要があります。
告知した内容をもとに、生命保険会社は加入出来るかどうか判断します。
直近に入院歴があったり持病がある方は、加入を断られる場合があります。
保険会社によっても異なるので事前告知や緩和型保険をご検討するのも良いかと思います。」

実は最近、法人で加入して役員、従業員の病気をカバーできる保険が出たのでご提案させて頂いたところ、ご好評をいただきました。
こちらの保険の特徴としては以下の通りです。
●企業または個人事業主が契約者となる
●業種と売上高のみのご申告のみで加入できる
●この保険1つで経営者、従業員全員が保険対象者となる
●経営者、授業員の健康状態が告知不要で加入できる

メディカル・マスターの詳細は下記URLをご覧ください。
メディカル・マスターのご案内

保険は請求しないともらう事が出来ません。万が一、何かご病気、被害等があった場合にはご自身で「保険はでないかもな」と決めつけるのではなく、「こういった事があったんだけど保険は使えるかな?」と私たちに何なりとお問い合わせ下さい!
私たちはお客様に寄り添う代理店です。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

ご相談はこちら

ネットでご契約
電話でのご相談
営業時間 平日9時~18時 土曜9時~12時(日祝休み)
WEBからのご相談