メニュー
ブログ

ブログ

Blog

2人に1人がガンになる時代。昔に加入したガン保険。そのままの補償で大丈夫?

2022.02.05 最終更新日:2022.02.10 保険情報

みなさん、こんにちは!営業の山田です。

突然ですが『ガン』と聞いてみなさんどのようなイメージがありますか?

怖い。治らない。不安。…。こんなイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

でも!!早期で見つければ決して怖い病気、治らない病気ではないんです!

「早期」これが一番大切です。(実は私の身内も30代前半でガンが見つかりました。早期で見つけた事により今は何も問題なく暮らしています。)

そしてもう一つ大切なのが日々の生活です。実は日本人のガンは、男性53.3% / 女性27.8% が日々の生活習慣が原因となっているそうです。欧米化の食生活、飲酒、喫煙、肥満、ストレス、運動不足…。

毎日健康を意識して生活習慣を改めたいですね。ちなみに私山田(34歳)は禁煙に成功したものの、食べる量が増えメタボと診断されてしまいました。(今まさに生活習慣を改善中です!)

日本人の2人に1人はガンにかかり3人に1人は死亡しています。ガンに備えるポイントは「早期発見」「知識向上と正確な情報」「経済的な備え」です。そして経済的な備えの1つがガン保険です。今回はそんなガン保険についてお伝えします!

 

ガン治療の進化と合わせて、ガン保険を見直す

昔と今では医療体制やガンの治療方法が変わっています。

例えばガンの治療方法についてですが、これまでは長期の入院が基本でした。それが近年では入院の短期化や通院だけの治療もケースも増えてきています。

つまり、従来のガン保険タイプに多かった入院給付金は最近の医療事情にあまり適していません。

ただ従来のガン保険が悪いという訳ではなく、ガンに罹患してしまった場合、必要な保障を受けられない可能性が高いということです。

ガン保険を見直す上で重要なポイントは3つです。

 

1.通院保障もしっかりカバー出来ているか?
上記で説明した通り、近年では短期の入院後に通院する場合や、そもそも通院のみでの治療も増えているので、ガン保険を見直すうえで通院保障を考えるのは必須です。

2.診断給付金の内容
診断給付金については生命保険各社で異なっています。例えば、診断給付金が一度しか支払われないタイプもあれば、2年に1回や1年に1回受け取れる保険会社もあります。診断給付金の受け取れる回数にも注目しましょう。

3.上皮内ガン診断給付金について
上皮内ガン診断給付金についても生命保険各社で異なっています。上皮内ガンであれば診断給付金の10%しか受け取れない場合もありますので注意しましょう。

 

見直しの注意点として、今のガン保険を解約して最新のガン保険に加入する場合、今の年齢で加入する事になりますので、昔のガン保険と比べて割高な保険料となってしまうケースがあります。

割高にならない方法としては、保険を解約するのではなく、今のガン保険に必要な保障だけ追加できる可能性もありますので参考にしてくだい。

ご自身で見直しをするのが難しいという場合は相談だけでも結構ですのでお気軽にお申し付けください。

 

ガンに罹患した場合の治療費を知って、保障を決める。

先ず抑えておきたいポイントとしてはどのような治療を受けるか?です。
代表的なガン治療方法としては

1.健康保険が適用になる治療
三大療法とも言われる手術・化学療法・放射線治療

2.健康保険が適用にならない治療(自由診療)
温熟療法、免疫療法、漢方、ビタミンC療法など

3.先進医療
重粒子線治療や陽子線治療など

仮に入院費総額が50万円だった場合を考えてみましょう。(健康保険が適用になるケース)

医療費が40万円、食事や差額ベッド代など健康保険が適用されない費用が10万円だった場合、

公的医療保険は多くの方が3割負担なので医療費40万円×3割負担=12万円を患者さんが病院に払います。残りの28万円は健康保険組合が病院に払います。

食事や差額ベッド代の10万円は自己負担になりますので、合計で22万円が自己負担になると考えられます。現在の貯蓄や保険から出る給付金なども想定して保障を見直す事が大事です。

また、自由診療や先進医療に関しては患者さんから希望を出さないと治療が出来ないケースもありますのでご自身で情報収集する事もとても大切になります。

 

利用できる保険会社の付帯サービスを理解して、保険会社を決める

保険に加入すると「健康や暮らしに関する相談受付」や「セカンドオピニオンサービス」等のサービスが付帯されているケースがあります。基本無料で利用することが出来るので付帯サービスを確認する事もオススメします。

既に生命保険に加入されている方は、ご自身の加入中の生命保険にどのようなサービスが付帯されているのかも確認しましょう。

弊社取扱生命保険会社のサービスは下記の通りとなっています。

 

SOMPOひまわり生命
SOMPO 健康・生活サポートサービス | SOMPOひまわり生命 (himawari-life.co.jp)

三井住友海上あいおい生命
満点生活応援団 | 三井住友海上あいおい生命保険 (msa-life.co.jp)

東京海上日動あんしん生命
サービス | 東京海上日動あんしん生命保険 (tmn-anshin.co.jp)

日本生命
日本生命のサービス | 日本生命保険相互会社 (nissay.co.jp)

第一生命
ご契約者 健康・医療・育児・介護サービス メディカルサポートサービス サービス一覧|ご契約者さま|第一生命保険株式会社 (dai-ichi-life.co.jp)

アフラック
電話相談サービス|保険・生命保険はアフラック (aflac.co.jp)

メットライフ生命
商品付帯サービス|メットライフ生命 (metlife.co.jp)

 

ガンについて少しでもご理解いただけましたでしょうか?

ガン保険は治療の技術革新、治療方法の変化、そして何よりご自身のライフステージによって必要な保障は変わってきます。

保障を見直す事で保険料が高くなる事もありますが、保険料が安くても必要な保障が受けられないのであれば意味がありません。今ある保険を有効活用しながら、必要な保障を検討するために保険の見直しをオススメします。

私達、保険のプロ集団がお客様に寄り添い、サポート出来ればと思っております。最後までお読みいただきありがとうございました。

ご相談はこちら

ネットでご契約
電話でのご相談
営業時間 平日9時~18時 土曜9時~12時(日祝休み)
WEBからのご相談